ABOUT

Fuzuki Arai Official Store アトリエ新井文月オフィシャルストア
Fuzuki Arai Official Store アトリエ新井文月オフィシャルストア
FUZUKI ARAI

Arai Fuzuki graduated from Tama Art University in Tokyo. His art expresses that the world is all connected. Created artworks are named Galaxy Words. Each word comprises 100,000 galactic guidance. Every time he blows seashell horn, it purifies our spirit, emotion, and physicality. Everything is all interconnected. Arai held his first solo exhibition in New York in 2014. His dynamic brushstroke is cultivated by his experience of devoting himself as a dancer. In addition, his subjects based on the universe and galaxies will provide dazzling light into the world of jet-black darkness effectively. In 2015, the work pursued the affinity between Islam and Japan was exhibited at “The Arab Week 2015 Art Exhibition” and received the Japan-Arab Friendship Award from the host country, Ambassador of Oman / Palestine. The artist has been also active as a book reviewer casting his keen eyes into the cultures of all ages and countries. アトリエ新井文月オフィシャルストア 「アートによって皆の心が弾み、豊かな心でお互いが調和して生きる世界に貢献したい」との思いからアートボランティア活動を継続し、2011年東日本大震災では被災地での似顔絵制作をきっかけに活動を拡大。石巻市の仮設住宅の壁に200mの龍をボランティア100名と一緒に描き、再生の象徴とした。主な展示に2014年「Flower Project」(在ニューヨーク日本国総領事館)、銀座ホワイトストーンギャラリーなど多数。2015年に「Arab Week 2015 Art Exhibition」に出展し日本アラブ友好感謝賞を受賞。 新井文月は和紙の上に描き、高解像度で撮影された太陽写真などをPCで加工して重ね、さらにその上から極薄の和紙を重ねて制作。デジタルと和紙のレイヤーで奥行きを出している。(美術手帖特集より) 新井文月のアートは、作者本人が魂の成長を求め、滝行や法螺貝を吹くなど日々修行を重ね踊りながら制作する。このため実際の作品エネルギーは強力である。(月刊美術特集より) 今までの芸術家の中の誰よりも高い値となっている(国際情報研究所 研究者より)